オービスの種類

| コメント(0) | トラックバック(0)

・レーダー式
ドップラー・レーダーを利用して車両の速度を測定する方式。車両に対して電波を照射し、反射した電波の周波数から速度を計算する。道路上空に設置したレーダーアンテナの10mほど後ろの中央分離帯または路肩に撮影装置が設置されている。欠点は、雨天時や車間距離が詰まっている場合などに反射波の受信が困難となり、まれに誤測定をすることと、常に電波を発射しているために探知機に発見されやすいこと。
・ループコイル式
道路下5cmのところに、6.9mの間隔を空けて3個のループコイルが埋め込まれている。車両は金属製であるため、ループコイルに近づくと磁界が乱れる。これを利用して、3つのループコイルの磁界の乱れの時間差と距離(6.9m)から速度を計算する。雪に弱く、北国ではあまり見られない。なお、防犯上の観点から撮影装置が網の枠で囲まれている事がほとんどで、撮影地点には白線が引かれている事が多い。探知機には発見されにくいが、ループコイルが車両の重量によって損傷を受けるため、定期的なループコイルの交換が必要である。
・Hシステム
最も多く設置されている取り締まり機。初期のものは「電子画像撮影・伝送方式」と呼ばれるもので、阪神高速道路に多く設置されている。1992年に登場した2代目(高速走行抑止システム)は、CCDカメラ、赤外線ストロボ、通称「はんぺん」と呼ばれる白くて四角いレーダーが備えられており、全国で数多く見られる。名称の「H」は阪神高速の頭文字(HANSHIN EXPRESSWAY)から。
・LHシステム
1994年から登場したもので、「ループコイル式Hシステム」という。Hシステムが速度計測にレーダーを使うのに対し、LHシステムは地中に埋められたループコイルを利用する。ループコイル式同様、撮影地点に白線が引かれている事が多い。Nシステムと見分けがつきにくい。名称の「L」はループコイルの頭文字(LOOP COIL)から。
・SSシステム
外観はHシステムと同じだが、撮影した写真を即座に待機中のパトカーに送り、その場で検挙するという点で異なる。あまり普及していない。
・光電管式
ループコイルの代わりに光源と光電管を設置し(または光源と光電管を隣り合わせて設置、対向に反射板を設置し)、車両が通過する時間を測定する方式。汚れに弱いことと、複数車線での取り締まりが困難であることから普及はしなかった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%8B%95%E9%80%9F%E5%BA%A6%E9%81%95%E5%8F%8D%E5%8F%96%E7%B7%A0%E8%A3%85%E7%BD%AE
から引用

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.gpso.info/mt_mgr/mt-tb.cgi/11

コメントする

このブログ記事について

このページは、nnnが2006年8月10日 05:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オービスとは何ですか?」です。

次のブログ記事は「オービスっぽいものがあるんですが?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。